2013年07月30日

オペレーション707

先週の日曜日、生まれて初めてワンダーフェスティバル(ワンフェス)へ行って来ました。

130728DSC_0018.JPG 130728DSC_0019.JPG

混雑が苦手な私はこんな場所へ一生行くことはないと思っていましたが、今回ばかりはいかざるを得ませんでしたw
なぜなら、「サブマリン707」連載50周年記念ということで、特別イベント「オペレーション707」が開催されたからです。

130728DSC_0073.JPG 130728DSC_0023.JPG
写真左:トークショー午後の部のゲストは、右から主催者である海洋堂の宮脇社長、福井晴敏氏(戦場のローレライ、亡国のイージスの作者)、小沢さとる氏、岡部いさく氏(軍事評論家) ちなみに午前の部ではメカニックデザイナーの宮武一貴氏が出演されていました。写真右:今回海洋堂から1/144のソフビ製707が発売されました。写真奥の模型がそれです。

それと連動して、連載当時707のファンだったオヤジたちが自慢のコレクションを持参して、遊びまくったというわけです。

130728DSC_0027.JPG 130728DSC_0029.JPG
連載当時の週刊誌やプラモデルなどが展示されていました。

でもね、水物プラモは動かして遊ぶものなんですよw
130728DSC_0038.JPG 130728DSC_0068.JPG
写真左は707プラモのレース、小沢先生(右端)も喜んでみてました。写真右は「青の6号」に登場した大和ワンダーとサブマリン707 大和ワンダーはラジコン制御で浮沈できるもので、わざと沈めたわけではありません。

私が漫画を読めるようになった頃には、残念ながら707の連載は終了していました。私の同級生でも707を知っている人はほぼ皆無だと思います。ここに集まった人は50代なかばの人がほとんどでした。でも、連載開始から50年の月日を経て、まだこんなにファンがいるという作品はなかなかないでしょう。特に潜水艦というきわめてマニアックな作品であるにも関わらずです。

せっかくこれだけのファンとコレクションが集まったのだから、スタッフ側はもっと盛り上げて欲しかったなあと思います。それが少し残念でした。

イベントに参加したオヤジモデラーさん、本当にお疲れ様でした。
posted by みきぱぱ at 23:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジコン潜水艦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

先週のアクアモデラーズ・ミーティング

 先週行われたアクアモデラーズ・ミーティングのレポートです。毎年のことながら、屋内プールはとても暑かったっす。ふらふら

 今回は2足歩行ロボット「ダイナマイザー」で有名な(有)杉浦機械設計事務所の杉浦さんが、水中ロボコン用に市販のRC潜水艦を改造したものをテストするために参加してくれました。

sDSC_0009.jpg sDSC_0007.jpg
市販のケブラーケーブルを利用して有線誘導式に改造したとのこと、ケブラーケーブルは細いけど丈夫なのだそうです。

 こちらはYDDさんによる水中ポンプの比較テスト。
sDSC_0004.jpg sDSC_0006.jpg
写真左:画面右のピンク色のモーターはお風呂の水抜き用ポンプ、中央黄色のモーターは散水シャワーポンプ、左の白色モーターは灯油ポンプ用 写真右:散水シャワーポンプの内部はこうなってます

これは慶應大学のgagaさん製作による、高校生を対象とした教学用ROV。今回は水中カメラも装備していました。
DSC_0021.JPG

最後はおじさんたちには懐かしいyoshiさん製作のデロリアン。未完成のようですが、タイヤが収納されるところがとてもいいです。
 

posted by みきぱぱ at 07:29| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジコン潜水艦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

今井科学の707ジュニア C級 プラモ

昨日は水中ビークルフリーミーティングに参加して来ました。今回はその時のお話をと思ったのですが、参加メンバーのYDDさんから、昔今井科学から販売されていたサブマリン707の小型潜水艇707ジュニアC級について、面白い話をメールでいただきました。転載の許可をいただきましたので、少し長いですがこちらに掲載します。

その前に707ジュニアって何?という方は、ノボさんの「空想科学潜水艦博物館」の解説記事を御覧ください。

ちなみにRC化した707ジュニアはこんな感じ。これは今回話題となる今井科学製ではありません。


またYDDさんはご自分のサイト「STARFLEET YDD」で、「サブマリン707自動浮沈の考察」という記事を書かれています。こちらも面白いのでぜひご一読ください。

このお話は、昔ラポートから出版されていたサブマリン707の復刻版にある、707ジュニアC級プラモの記事↓がきっかけでした。
junior707 class C_2.pdf

それでは、YDDさんのお話です。

情報ありがとうございます、707シリーズは小学生の時に相当作ったのですが、このジュニアCは実物を見たことが無いので気になっていました。やはり本物はすでに存在しないんでしょうね。

行きつけのプラモ屋のオヤジが子供の頃ジュニアCを池で走らせたら、そのまま沈んでいって戻ってこなかったと言う話をしていたので気になっていました。ジュニアC自体を私は知らなかったんですよ。

説明書を見ていて思いましたが、このサイズのジュニアなら浮力バランス調整もかなりシビアに必要になるはずです。全体浮力とさらには前後のバランスも重要な要素です。当時の電池も何を使うかによってだいぶ変わると思います。
前期型の説明で紙巻き電池の時には重りを追加・・・は私も紙巻き電池は記憶にはなく、当時使っていたのはナショナルの赤か黒でしたので、もしかしたら私の小学生の頃はジュニアCはもう売っていなかったのかなとも思った次第です。
マブチ35モーターというのも記憶にないですし。本当に貴重な情報をいただきありがとうございました。

この組み立て説明図を見ていると、江戸時代のからくり人形を連想させるメカニカルギミックと言う印象ですね、しかも司令塔にライトまで仕込むとは・・・、これは凄いですよ。ここまでこだわるかと。
そう言えばライトが点くの話は模型屋のオヤジも言ってましたね。

ジュニアCの現存品はなくても、それでも設計図を見れたことはとても参考になりました。設計図は後期のものですね。なかなか超絶な設計だったと言うことも理解できましたし、もし今あったらアクアモデラーズのメンバーが競って製作するようなおもしろメカです。そして、この組み立て説明書を見て、なぜ水没して戻らないかという理由もよくわかりました。

私が思うに、多分99%以上のジュニアCが池の餌食になってますね。当時の大人が真剣に作ったとしても、長く遊べるモデルに出来たかは疑問です。このモデルの設計製作段階でどういう実験をやったかも興味があるところです。

当時の整形技術と接着剤、そしてグリスだけではこのドライハルの船体の防水はほぼ不可能であったでしょう。特にキャノピー回りはきれいに作ろうと接着剤の付け方も甘かったはずです。多分ここが最大のポイントになっていたと思います。

潜舵のあたりと、プロペラ回りからの浸水は必須でしょう。元々ここはパッキンがあるので水を出す前提だったのは間違いないでしょう。ネジ止めというのがそれを物語ります。けれども、司令塔回りの防水が完璧で
なければその前提も崩れます。司令塔回りからの浸水は相当短時間で浮力を奪う事になるでしょう。
スイッチ回りは言うに及ばず、電池キャップのパッキンも果たして役に立ったかどうか・・・。

しかもこの設計では上下の重心配分が甘く、下に重さが集中していないのでペラの反力に耐えられそうもないので、ペラ自体の幅が細く反トルクが少なくなるように作られているんだと思います。ですからなおのことキャノピー部分の浮力が反トルクに対して重要になるはずです。

司令塔回りから浸水が始まったときに水が船底まで落ちればいいのですが、(といっても漏水がいいわけないのですが)潜舵調整用のネジが通っているせいで中途半端な浮力タンクになっており、司令塔内に水が残る可能性もあります。

司令塔内に水が残ってこの部分の浮力が減ると反トルクに勝てなくなり傾きだしてしまうと思われます。
そうすると潜舵の効果は斜めになるのでなおさら浮沈せずに潜ったままになり緩やかに曲がりながらすすみ、その最中にさらに浸水が進んで浮力を奪われ確実に沈んでいきます。いわば負の相乗効果です。

さらに言えば、この大きな回転ペラで推力を出しつつ、反トルクを強くしないというのはあまり高回転では無かったのではないかと推測できます。

そうなると速度はそれほど速くないでしょうし、その状態で浮力が強すぎるとダイナミカルダイブとして潜らないので自動浮沈はしなくなります。
となると、適度な浮力という設定が必要になるのですが、このジュニアの場合水に入れたときにキャノピーのガラスの上位置が水面ぎりぎりというのが精一杯ではないかと思います。

さらにペラの径が大きいので、ペラが完全に水没している状態ならそのあたりが合理的です。もしそうだとするならば、あまり全体浮力が大きい状態ではありませんので、少しの浸水ですぐ沈むのもうなずけます。
船体形状や推進方法を考えると、もともとがあまり浮力を強くする設計は出来ないはずです。

水は容赦なくごく僅かな隙間から入り込みます。相当気をつけて組み立てても司令塔のキャノピー回りはかなり難しそうだというのが私が思った印象です。
続きを読む
posted by みきぱぱ at 17:26| 神奈川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ラジコン潜水艦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

2013夏のイベント情報

乗船出張から戻ってきました。
船に長期乗るのは久しぶりだったので、船酔いとか仕事をこなせるか最初は不安でしたが、なんとかこなしてきました。今度の乗船予定は年末です。(しかも海外!)

さて、夏は海関係のイベントが盛り沢山、そのなかでいくつかご紹介。
いよいよ今日から国立科学博物館で『特別展「深海」 挑戦の歩みと驚異の生きものたち』が開催されます。
またそれと連動してNHKで「NHKスペシャル 深海の巨大生物」、ラジオドラマなどが放送されるそうです。

次はマイナビニュースから


(MANTAさん情報ありがとうございます)
『中川翔子さん×初代「しんかい6500」潜航長 田代省三氏 超・深海の魅力を語る』
『JAMSTEC 藤原義弘氏が語る「深海生物教室」』
『JAMSTEC 三輪哲也氏が語る「深海教室」』
はUストリーム中継されるそうなので、要チェック!楽しみですね。

港湾空港技術研究所 夏の一般公開
港湾空港技術研究所の世界最大級の津波実験施設


ロボコンマガジン7月号は水中ロボットの特集です。




posted by みきぱぱ at 08:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ