2016年08月13日

ゴジラ NEXT GENERATION (仮題)

話題のシン・ゴジラ見てきました。
庵野監督,樋口監督の才能が存分に発揮された面白い映画でした。
久々に日本映画の本気を見た気がします。

面白かったので,このまま終わるのはもったいない!
ということで勝手に次回作のプロットをいくつか考えてみました。
(両監督の才能にはとても及ばないのですがw)


@某海洋研究所の研究員が海洋廃棄物など(廃油,核物質,鉱物,プラスチィック,メタン)を体内に取り込み分解する細菌群を発見,DNA解析によりそのメカニズムを解明することに成功。
Aかねてより海洋汚染に警鐘を鳴らしていた研究者はこのDNAメカニズムを大型の海洋生物に取り込ませ,廃棄物を処理させようと目論む。少数の生物だけでは焼け石に水なので,火山島のマグマエネルギーを使い,カンブリア紀のバージェスモンスターのように多様な生物を大量に作り出すことに成功する。
しかし,生物群の襲撃を受けて研究者は死亡,データは失われてしまう。
カンブリア紀の(生物)大爆発


@火山島付近で操業中の漁船から特異な生物の目撃情報が相次ぐとともに,航行中の原潜が消息を絶つという事件が発生。
A海上保安庁が巡視船を出動させ火山島の調査に赴く。海中ロボットの権威である,碇ゲンドウ似(本人談)の教授が水中ロボットで海中を東京湾方面へ移動する巨大生命体とそれに従う小型の生命体を発見するが,水中ロボットは即破壊され見失ってしまう。


@先のゴジラ迎撃経験を活かし,脅威の生命体に対処するための特別チームが編成される。
奇跡的に捕獲された小型の生命体から,DNA解析を行い,細胞の増殖を抑制させるバクテリオ・ファージを作り出すことに成功し,小型生物の駆除が行われることになった。別チームの研究で,もともとこれらの生命体の細胞は3倍体の染色体で作られていたので,生殖機能は持たないが,捕食する上位生物がいないため,寿命が尽きると死滅することがわかる。
A一方巨大生命体の解析結果から,この生命体は鋼鉄のウロコに覆われて,放射能とメタンをを生体エネルギーとして利用していることが判明。ウロコは砲撃やミサイル攻撃の度に剥がれ落ちるがすぐ再生し,なおかつ再生するごとに厚いウロコになっていった。
B巨大生命体は生体活動に必要なエネルギーと養分を求めて東京に上陸した。
鉄のウロコを持つスケーリーフット


@日米両軍による空陸攻撃はことごとく失敗。
A特別チームによる攻撃プランに託されることになった。
(プランは略)
B巨大生命体は抹殺されたが,人類への警鐘として長く記憶される事件となった。

最後はお約束のベタな展開になったですが,仕事引退したらSF小説も描いてみたいですね。
posted by みきぱぱ at 19:41| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ