2017年08月17日

海没潜水艦の調査で思うこと

静岡新聞でこんな連載していたんですね。時節柄感傷的な記事な内容で、正直うんざりしています。
旧日本海軍の軍艦は多数作られましたが現存するものはありません。(三笠は英国製)
民間の有志団体が海没潜水艦の調査を近々行いますが、引き上げて保存まではなかなか難しいのではないかと思います。全体とまではいかなくても、一部だけでも引き上げて、当時の技術者が何をしてきたかを歴史に残すことは大変意義のあることです。
清水の三保は日本でも有数の造船所があったところでした。沼津市は日本初の洋式帆船を作った地でもあり、戦争中は音響技術の研究なども行われていました。
でもそういう歴史よりも、ちびまる子ちゃんやラブライブのようなアニメが集客あるんだよなあ。海事博物館としては民営のフェルケール博物館、市営の戸田造船郷土史料博物館がありますが、小規模なのが残念です。
今も昔も海運や水産業が日本にとってどれだけ大事か、それが先人たちの歴史の積み重ねであったことを小さき声でも訴えていなかければいけないと思います。

かくて果つ(1)桜で送った伊58 撃沈の悼み、敵味方なく
posted by みきぱぱ at 20:04| 神奈川 ☁| Comment(0) | 艦船よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

Maker Faire Tokyo 2017

昨日はすっかり夏の恒例イベントとなった Maker Faire Tokyo 2017 に行ってきました。
3年続けて展示しているNPO日本水中ロボネットのブースはこんな感じ。
s20170805_133054.jpg s20170805_133102.jpg
s20170805_133108.jpg
慶応大学の山縣さんと社会人の茂木さんが中心となって、自作水中ロボットの展示と体験操縦を行っていました。手伝ってくれるみなさんもお疲れ様でした。イベントは今日までですが、多くの人たちとの交流ができるといいですね。

また海洋楽研究所林先生と一緒に活動していた方たちも自作の海洋生物ロボットを展示してました。(Makeは初展示だったのかな?)
FISH ROBOT LAB
子どもたちが自分で作って遊べる水物おもちゃもあり、林先生とは少し方向性が違うようですが、このアイデアもいいなと思いました。
s20170805_141323.jpg

東工大附高システムデザイン・ロボット分野 水中RW開発チーム の展示は「リアクションホイールを用いた機体内蔵型姿勢制御モジュール開発」
この機体で今度の水中ロボコンに出場するのかな?いい成績が残せるといいですね。まず水密を完璧にしましょう。水中ロボットはそれ大事って一番言われているから。
s20170805_133040.jpg

水中ロボットの他にも面白いガジェットがたくさん展示されていたMaker Faire Tokyo 2017でした。
posted by みきぱぱ at 10:54| 神奈川 ☔| Comment(0) | 水中ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ