2008年08月13日

ウェザーニューズへ行ってきました。その2

前回に引き続き、ウェザーニューズ(以下WNI)の会社見学記です。
(注:この記事はこの会社の投資を勧めるものではありません。)

前回は日本国内のサポーターによる地域感測の話でしたが、このビジネス自体は会社の収益に今のところ大きく寄与していないようです。
今WNIが収益の柱として力を入れているのは、海事気象、交通気象(道路、鉄道、航空)だそうです。

海事気象の分野では、単なる台風などの気象予測だけでなく、航行中の船舶に対し海上気象データから最適のエンジン回転数をアドバイスし、運行効率をアップさせるというサービスなどがあるそうですが、中でも北極海航路支援のために、北極海の海氷を監視・予測するGlobal Ice CenterはWNIが特に力を入れていくプロジェクトだとのことです。

同社プレスリリース
北極海の海氷を監視・予測するGlobal Ice Center運営開始

20080708_1.jpg
「北極海航路が実現すると現在の航路から航行距離(時間)が短縮され、燃費が大幅に削減されます」(図、文章は同社HPより)
このセンターを立ち上げた理由は、プレスリリースによると
「近い将来常用航路として北極海航路を利用することは可能」であり、「航行の障害や船舶に損傷を与えるような海氷の状況を把握し、船舶の安全運航を支援することが急務である」から、ということのようです。
(筆者注:温暖化により北極海の海氷の面積が減少し、沿岸が航行しやすくなるため)

グローバルアイスセンターの機能としては、
「極軌道衛星により北極海を中心とした海氷をモニタリングし、極域全域にわたり国境を意識しない統一的な形で、船舶が航行する上で必要な海氷の実況を解析し、情報の提供を行う計画です。」
「2010年には独自“感測”衛星「WNI衛星」に可視〜近赤外線カメラを搭載し、海氷のモニタリングを独自で行うことを予定しています。」
「独自海氷実況解析・予測システム「I-SEE- ENGINE」を用いて、2週間先までの海氷の予測データを生成します。海水温、海流などの海気象情報と氷の観測をもとに、海氷の移動や変形(Movement, Convergence and Divergence)のプロセスを扱う力学モデルと、海氷の生成や融解(Freezing and Melting)のプロセスを扱う熱力学モデルからなる「I-SEE-ENGINE」によって、2週間先までの海氷の密接度や厚さ、動きを予測する計画です。」(同プレスリリース)

気象予測シュミレーションでは、海洋研究開発機構の「地球シュミレーター」のようなスーパーコンピューターを連想しますが、そのような高価なスパコンを持てない民間会社のWNIがどこまで成果を上げることができるか、株主の端くれとして長い目で見ていきたいと思います。

20080708_3.jpg 20080708_4.jpg

左図:北極海の海氷分布の状況(グローバルアイスセンター解析による)。右図:I-SEE-ENGINEによる海氷予測(図、文章は同社HPより)

余談ですが、最近の気象とか海洋の話題など
・開会式で「消雨ロケット」発射
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080809/chn0808091159002-n1.htm

・気象庁から業務改善命令が出された「がけ崩れ予測メール」に関するWNIの見解
http://weathernews.com/jp/c/ir/data/2007/20070816gyoumukaizen.pdf

・シリーズ:「しんかい6500」の第1000回目潜航で見た、40億年前の地球生命「祖先」の驚異の世界
http://eco.nikkei.co.jp/column/yamane_kazuma/article.aspx?id=MMECce000021052008

・NHK総合テレビ 8月31日(日) 午後9時〜9時59分
 東京湾に幻のサメを追う (絶対おすすめ!)

【広告】
工場見学など普段行かないような場所へ旅行をしてみませんか?

【富士スピードウェイ体験走行とアサヒビール工場見学】
(関東発着 コース番号:HTT-32353CC)

【羽田JAL整備工場見学&航空科学博物館とホテル日航成田でご昼食 日帰】
(関東発着 コース番号:HTT-J5161)

【東京湾アクアライン内部「緊急避難通路」見学と深緑の養老渓谷 日帰り】
(関東発着 コース番号:HTT-J5160)

興味のある方は阪急交通社のバナー↓をクリック、ページトップのほうのキーワード検索欄にコース番号を入力してください。
posted by みきぱぱ at 18:04| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
理屈はよく解りませんが 予測する為のシステムも進化しているのだと感じます。・・・・・w
「東京湾に幻のサメを追う」・・・楽しみです。(・∀・)
Posted by やまおか at 2008年08月14日 06:03
海の現場で仕事をしていた頃は、明日の天気も予測が難しく、何日も荒天待機したことがありました。
台風の予測も進歩しているとのことでしたが、ピンポイントの明日の予報が確実にわかるシステムを無料で提供して欲しいものです。(ちょっと厚かましいですがw)

「東京湾に幻のサメを追う」
おもしろかったですよ。
こういう番組をもっとみたいなあ。
Posted by みきぱぱ at 2008年08月14日 06:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104689455
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ