2012年05月26日

深海探査に下町の技術を結集 「江戸っ子1号」

 以前本ブログで取り上げた、東京下町の町工場が力を合わせて深海にチャレンジするプロジェクト「江戸っ子1号プロジェクト」。24日18:30から芝浦工大の佃イノベーションスクエアで講演があるというので行ってきました。会場は満員、MXテレビの取材まであるということで、このプロジェクトへの関心の高さが窺えます。本体はまだ完成していないということで、今回は立ち上げたきっかけから、途中経過までの説明でした。年末から来年初頭に実海域での試験を予定しているということなので、その成果報告会が楽しみです。
 
 このプロジェクトのリーダー役である杉野ゴム化学工業所の杉野社長は、冒頭、海洋機器に使用する部品のほとんどが外国製であり、日本製は少ないということを話されました。欧米は海軍主導の仕組みができていることや、海底油田開発のノウハウがあるという事情もありますが寂しい限りです。

めざせ深海8000m! 江戸っ子1号プロジェクト始動 (JSTのScienceNews)


ビデオの補足情報をいくつかご紹介します。
 
 このビークル、当初は海底を動きまわるロボットを考えていたそうですが、開発予算のめどが立たないため、自由落下型としたそうです。それでも製作費だけで2000万円、人件費とか入れると1億円くらいになるとのこと。
 本体の空中重量は100kgとし、専用の回収装置を持たない釣り船程度の小型船でも扱えるように考えているそうです。
 個人的に興味を持ったのは、ビデオにもあった無線電波を通す特殊なゴムを開発したことです、現在30cmくらいまでの通信に成功しているそうで、5〜6mくらいまで通信できるようになれば、水中ケーブルとして実用化できるのではないかと思います。

 写真左:何種類か検討された江戸っ子1号の模型 写真右:ガラス球とそれを収めるケース
江戸っ子1号の模型ガラス球と枠

 杉野社長は、このプロジェクトは産官学金が強調することの重要性を説いておられました。産官学まではよくありますが、金とは金融のことで、プロジェクト推進委員会に東京東信用金庫さんが入っていることが重要なのだそうです。作ったはいいけどその後が続かないという話はよく聞きます。このプロジェクトが将来商業ベースとして成功することを願っています。

【広告】
アマゾンの内容説明より
「事実は小説より奇なり」。
日本陸軍は戦前に建造した航空機搭載舟艇母船を独自に発展させ、ついに航空母艦を造ってしまった。
これがいわゆる陸軍空母です。
計画された当初の主な目的は上陸部隊の航空支援でしたが、やがて大東亜戦争が始まり敵潜水艦による商船被害が増え始めると、船団護衛用の航空母艦を陸軍独自で保有する考えが浮上してきました。
本書は日本陸軍がこうして計画し、建造した航空機搭載舟艇母船「神州丸」と同じく航空機搭載丙型舟艇母船「あきつ丸」、戦時標準型M丙型船「熊野丸」、特2TL型油槽船兼護衛空母「山汐丸」と日本海軍の特1TL型油槽船兼護衛空母「しまね丸」を紹介するものです。
公式資料が残されていない「あきつ丸」搭載の飛行部隊「独立飛行第1中隊」については、生存隊員への聞き取り調査でその全貌を再現。
また残された資料と独自の調査に基づいて著者自身が製図した船体図面はこれまでの文献には見られないものです。
世界に類を見ない”日本陸軍の航空母艦”をビジュアル的に紹介する1冊です。

posted by みきぱぱ at 13:09| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 水中ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですか、、、、
日本は海洋国なのに。。。。
1億円、持っていたら、寄付するんですがねえ。。
こういった馬力はすごいですね
成功を祈っています
神戸では陸上レスキューロボットコンテスト予選が開催されました
複数台のロボットで共同作業をするしくみになっています
作業ロボットを監視するロボットも必要ですね
吉谷
Posted by 吉谷 at 2012年07月10日 03:29
大阪でも中小企業が作った「まいど1号」がありますね。
「江戸っ子1号」は「まいど1号」に触発されてできたプロジェクトだそうです。
これらの技術が将来につながっていくといいのですが。

神戸のレスコン見に行かれましたか?私も一回見てみたいと思っています。
最後に監視するのはやはり人間でしょうか?
Posted by みきぱぱ at 2012年07月10日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ