2012年08月11日

ヨコスカサマーフェスタ2012 第2術科学校一般公開 その2

 ヨコスカサマーフェスタ2012第2術科学校編、今回は公開授業の様子をレポートします。講義は「FRP船体の構造設計について」ですが、特に機密性の高い内容ではありませんでしたw。海上自衛隊の講義というと、鬼教官が熱く語り、学生が背筋を伸ばして聞いているという様子を想像していましたが、まったく違いました。教官は大学の教授が制服を着ているような感じの優しそうな方で、学生もリラックスして聞いていました。防衛大学もこんな感じなのかな?

授業の様子
sDSC_0011.jpg
教官!声が小さくて聞こえませんw

 講義の内容は海上自衛隊初のFRP掃海艇「えのしま」に関するもので、色々と興味深い話でした。
・講義の内容は主にFRPの特性について。
・FRPの研究は昭和40年代から行われてきたが、材料の均一性や放射雑音の低減が木造より劣っていたこと。
・最近、真空成形ができるようになって材料の均一性が保たれるようになった。
・FRPをサンドイッチ構造にすることで、放射雑音が低減した。
・「えのしま」は水中爆破衝撃試験を行うとのこと、これは米海軍では新造艦の試験として行われるものだ が、海自では初となる。

 にわか学生の私も、いろいろと質問してしまいましたよw。こういうセミナーは一般向けにもしたら、けっこうマニアが集まるんじゃないかなあ。来年も都合が付けばまた聞きに行きたいです。

【広告】
セットでお得,江戸時代のからくりの本,PDF電子書籍「からくり訓蒙鏡草」全3巻
江戸時代のからくりを紹介する本。松巻(36頁)では、その使い方。竹巻(22頁)・梅巻(22頁)ではその構造を27種類を紹介しています。簡単な構造もありますが、その工夫とアイデアは、とても感心してしまうものが多くあります。
美人がくると、笛を吹くからくりなどユーモアのある「からくり」や、豆腐の上でコマを回すからくりなどが登場します。仕掛けが解りますでしょうか?
現在、からくりは、工場でも活用され、また、これからのロボットなどの仕組みの元にも繋がっていくかもしれません。古文書ですが、図絵での紹介も多く、字も比較的読みやすい古文書です。
セットでお得,江戸時代のからくりの本,PDF電子書籍「からくり訓蒙鏡草」全3巻 を購入
posted by みきぱぱ at 07:17| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 艦船よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/286004063
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ