2012年09月15日

'12水中ロボットコンベンションin JAMSTEC夏 その2

今回からは一般競技に参加した水中ロボットの紹介です。
まず、台湾から参加、国立台湾大学Grootの「Giant Fish」、外観は「ニモ」をイメージして作られていますが、長さ0.9m、重さ19.96kgとかなり大きいです。

Giant Fish sDSCN1526.jpg
写真左:ニモそっくりの外観、外皮はゴム製で尾びれだけで動きます。 写真右:プール台に着底しようとしています。

対しまして前回優勝、大阪市立大学パワーシステムラボの「FOCUS」、同じ魚ロボットながら、全長28.5cm,重量500gと超小型ロボットです。機会があれば、「Giant Fish」との共演が見たいですね。

FOCUS

ちなみに一般競技で使われたコースはこんな感じになってます。

sDSC_0020.jpg
写真中央はライントレース、赤い線に沿って水中ロボットが進みます。カーブ、クランクの方向転換、水深の変化(1.5mから3.3m)、ラインが途切れた個所での対処などが試されます。写真左下はブイタッチ用の風船、ロボットは水深を維持しながらこの風船にタッチします。写真右はゲート、水中ロボットは高さの違う4つのゲートをくぐらなくてはなりませんが、これが中々難しかったようです。あと写真には写ってませんが、プール台に着底するという、ランディングという課題もありました。

【広告】





posted by みきぱぱ at 06:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/292602610
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ