2012年09月24日

'12水中ロボットコンベンションin JAMSTEC夏 その3

 今回は九州工業大学と九州職業能力開発大学校(KPC)、ともに九州勢のご紹介。いつも遠いところからの参加ありがとうございます。しかも九工大は2位、KPCは3位入賞でした、この2校は毎回いい成績を残しています。

プログラムを入力中?九工大DaryaBird
sDSCN1455.jpg
DaryaBirdはAUVとしては珍しく、カメラにパン・チルト機能(レンズの向きを変える機能)を搭載して、目標を捉えやすくしています。

エントリーするKPCのKPC-AUV2012
KPC-AUV2012
前回の水中ロボコンで、照明などの影響により画像処理が不安定になることがわかり、今回は水中ライトを搭載し,画像処理を安定化させたそうです。

 両校とも独自のアプローチでライントラッキングに挑戦しましたが、コースクリアできなかったのは残念です。水中ロボットは陸上ロボットと違って、作ることはできても実験できるプールの確保が難しいし、プールで実験できても水没させてしまうと、最悪全壊ということもありえます。このような点も踏まえて、参加校の意見を取り入れながら、次回までに課題の設定を見なおす必要があるかもしれません。

【広告】



posted by みきぱぱ at 10:27| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ