2012年11月12日

3台のAUVを同時展開して900mの海底探査に成功

マイナビニュースから
「東大、八丈島南方沖にて3台のAUVを同時展開して900mの海底探査に成功」



タイプの異なる自律型水中ロボットがそれぞれ異なった作業を同時に行うことで、調査の効率化につながります。今までは1回につき1台しか水中ロボットを運用することができませんでしたが、この成功により、またひとつ水中ロボットの可能性が見えてきたといえるでしょう。

今回の調査航海に乗船した研究者の方が、その様子をブログにアップされています。
Smith Caldera 2012

因みに3台の水中ロボットの名前は「Tuna-Sand」、「はっとりくん」、「ドラえもん」だそうですが、なぜ「はっとりくん」、「ドラえもん」そうなったのかは不明です。研究者の方にお会いする機会があれば、聞いてみたいと思います。

【広告】



posted by みきぱぱ at 16:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301480777
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ