2013年09月28日

今年も熱かった(暑かった) 水中ロボコンin JAMSTEC'13 その2

「艦これ」にズッポリハマって、すっかりブログが疎かになってしまいました。 (・ω<) てへぺろ
「艦これ」とか「蒼き鋼のアルペジオ」とか、最近ミリタリークラスタでもニッチな存在の、軍艦にも注目が集まるようになったのでしょうか?単に軍艦マニアの私から見ると「うーん?」と思うこともあるのですが・・・。
(ちなみに「宇宙戦艦ヤマト」は宇宙ものという認識でおk?)
これらについては、また別の機会にコラム的な記事を書いてみたいと思っています。

さて、水中ロボコンレポートの続きです。
昨年の内容と大きく変わった点は、競技部門が自律型水中ロボット(AUV)、遠隔操縦式水中ロボット(ROV)、フリースタイル(主に生物型水中ロボット)に分けられたことです。採点対象も従来の重量点、プレゼン点、デモ点に加え、さらにAUVとROVはトーナメント方式でレースを行い、その結果も採点対象になるということになりました。

DSC_4325.jpg
トーナメントはデュアルコースを用意し、勝ち抜き戦で行われました。

また、今年新たに追加されたルールとして、トーナメントでは子機の使用が認められたということです。子機というのは水中ロボットから発射(または投下)して、ブイに当てたり、着底場所のプール台に落とす事ができる魚雷(またはオモリ)のようなものだと思ってください。
子機.jpg DSC_4315a.jpg
左図は主催者側が提案した子機のモデル、動力はタミヤの水中モーターなどを利用します。写真右は子機を装着した水中ロボット。(黄色の円内は子機の発射管)

子機の使用は日程的、技術的に難しいのではないかと思ってましたが、多くのチームがチャレンジしてくれました。魚雷モデルだけではなく、爆雷投下型のようなものもあり、ユニークな発想には正直びっくりしましたし、やってよかったなあと嬉しく思いました。
ラベル:水中ロボコン
posted by みきぱぱ at 23:15| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ