2014年04月07日

フィッシングフェスティバル2014行ってきました

パシフィコ横浜で開催された、フィッシングフェスティバル2014に行ってきました。このイベントに行くのはずいぶん久しぶりになります。結構混んでいて盛況のようでした、主催者発表によると、3日間で36,470人だったそうです。今では若い女性で釣りを楽しむ人も増えたようで、アングラーズアイドルの投票も行われているのに軽い世代格差を感じたオヤジですw。

当然といえば当然なんでしょうが、釣り具もかなり進歩していることにも驚きました。なかでも電動リールの種類の多さにはびっくりで、ワカサギ釣り用の小さい電動リールなんてのもあるんですね。私は父から釣りを教わったのですが、父は釣りは掛かった時の引きを楽しむもので、アタリをとるのには指先(の感覚)が一番だとよく言ってました。
技術の進歩で多くの人が気軽に釣りを楽しめるようになったことはいいと思いますが、釣り本来の楽しみというのもあるのではないでしょうか。大物仕掛けでファイトを楽しむというのももちろんありですが、シロギスのような小さい魚でも竿と仕掛け次第で楽しめるものです。日本人は釣りを楽しむことにかけて、昔からいろいろな工夫をしてきました。そういう伝統はこれからも残っていってほしいと思います。

CAM00013.jpg CAM00016.jpg
CAM00012.jpg CAM00011.jpg
写真は江戸の和竿職人さんと播州の毛針職人さん
日本の昔の釣り具は美術工芸品といってもいいですね。

さて今回個人的に一番興味を持ったのがこれ。
「ソナーボール」
小型の魚群探知機は昔からありましたが、これは専用モニターではなくスマートフォンに
つなげて画像を見るというもの。
開発した会社は「WEB 及び通信機器、主にAndroid端末とアプリソリューションの開発・販売」が専門だとか。
釣りにもITの時代が来たようですw。

おまけ
このイベントに行く前に石川町の食堂で昼食をとったのですが、お店にはこんなものが飾られていました。
マッコウクジラの歯を削って作ったイルカの彫刻(左)と、捕鯨船(キャッチャーボート)の写真(右)
このお店の親父さんが昔大洋漁業(現マルハニチロ)の捕鯨船に乗り組んでいたとのこと。店も昔ながらの食堂といった感じで、また行ってみたいですね。
CAM00002.jpg CAM00003.jpg
posted by みきぱぱ at 22:14| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | さかなの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394065863
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ