2015年03月05日

フッ、随分待たせたようだな……。大和型戦艦二番艦、武蔵。参る!

一部リンクがおかしかった個所があったので修正しました。ごめんなさい。赤太文字をクリックすると参照先のリンクに飛びます。

追記:ナショナルジオグラフィックに今回の発見に関する記事が掲載されていました。
調査内容が詳細に書かれています・
大富豪はどうやって戦艦「武蔵」を発見したか

先日マイクロソフトの共同経営者、P・アレンのチームがフィリピンのシブヤン海に眠る戦艦武蔵を発見したと発表がありました。

ポール G. アレン氏が第二次世界大戦の戦艦「武蔵」を発見

ネット住民の間では、画像や動画からどの場所が撮影されたかとか、アレン氏の豪華ヨット(帆のあるボートとはだいぶイメージが違います)に興味が集中しているようですが、ここではどのようにして発見したかについて書いてみたいと思います。
といってもまだ情報は少ないし、英語の語学力はさっぱりなので、推測混じりであるということをご了承ください。

英文リリースの抄訳版を読むと、まず文献調査から始まり、武蔵の沈没地点と思われる海域の海底マップを作成したようです。探査する海域は広大なので、まず海底を調べ、沈没船らしき凹凸が存在すると思われる海域を絞り込みます。チームが調査を開始してから武蔵を発見するまでに8年かかったそうですから、7年位は海域を絞り込む作業をしていたのでしょう。

海域を絞り込んだあと、その起伏が本当に沈没船なのか確認するために、AUVと呼ばれる自立型水中ロボットで海底上を探査します。調査に使われたのは「BlueFin-12」とのこと。

「BlueFin-12」による海底探査


AUVはいったん母船を離れると探査終了して戻るまで、全部自動で航行し記録を取ります。もちろん自分の位置もしっかり記録していますので、どこに何があったかはオペレーターがあとで解析すればわかります。
「BlueFin-12」もスチルカメラを搭載できるのですが、AUVに武蔵と岩の区別はできません。AUVが持ち帰った超音波による反応が武蔵であることを確認するために、目視による画像撮影ができる遠隔操縦式の水中ロボット(ROV)の出番になります。

チームが使ったROV(多分これ^^;)
このROVはチームが英戦艦フッドを発見した時のものだそうで、武蔵の時にも使っていたかどうかはわかりません。でも構造やシステムは同じでしょう。

彼らには武蔵の沈没状況がわかるようなマップを作って欲しいと思いますし、おそらく今はその作業をしているのではないでしょうか。

ナショナルジオグラフィックとバラードのチームが調査した映像を元に作成した「ヨークタウン」の全体図

深海はとても暗いので、巨艦だとその一部しかカメラに収めることができません、したがってたくさんの画像を撮影し、あとでモザイクのように貼りあわせて全体像を作るという、気の遠くなるような作業が待ってます。といっても最近は優れた画像ソフトがあるようなので、だいぶ楽になってるかもしれません。

今後新しい情報がリリースされたらまた記事にしたいと思います。

おまけ
某ソシャゲの住民たちがこのニュースで武蔵建造祭りをしていると聞き、私もこの波にのるべく挑戦してみましたよ。(でも結果はお察しください orz)



ラベル:武蔵 bluefin
posted by みきぱぱ at 18:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

コラボ企画w 科博の深海展行ってきたよ!

という訳で、ブログ「海の科学者」管理人であり、「海の授業」の著者でもあるMANTAさんと、MANTAさんの知人(親子)とで、深海展行ってきました。実際に「しんかい6500」に乗って潜航調査をしたことがある、MANTAさんの話を生で聞くことができるチャンスはこれだけしかない!ので、行く前からすごく楽しみにしていました。想定外だったのは平日だったのに、めちゃ混んでたこと。待ち行列はないものの、展示品の前はすごい人でした。(笑)

sDSC_0018.jpg sDSC_0023.jpg
科博へ行くのは小学校以来40年ぶり、昔の面影が残るのは建物だけ。すごい人で、展示品はろくに見えませんでした。

どんな様子だったかというと、さすが元JAMSTECのMANTAさんです。海に関する面白い話を、次々と聞かせてくれました。お陰様で「かいれい」と「よこすか」の違いがよくわかりましたw 実際に体験した人だけがわかる深海の話を聞きながら展示をみるなんて、これ以上ない見学会ですよ。私も海洋調査をした経験が多少あったので、共感できる話も多く、逆に科学者の人はこんな見方をしてるんだなあと勉強になりました。

sDSC_0021.jpg
「しんかい6500」の実物大模型を前に熱く語るMANTAさんw 息子さんは興味を持ってくれたでしょうか。

今年はNHKのダイオウイカに始まり、ニコニコ生中継による「しんかい6500」のライブ中継、「海の授業」をはじめとする海関係の本の出版と、深海ブームが来たように感じます。でも元々深海は人々の興味を引き付ける世界であり、それをうまく伝えてこなかっただけでないかという気もしています。まあ折角のチャンスですから、できるだけ息の長いムーブメントにしていくためには、どうしたらいいのかなあなんて考えてしまいましたよ。

そして見学終了後のアフターも、いろいろな話題で盛り上がりました。ほんとうに楽しかったです、MANTAさん忙しい中ありがとうございました。また何かの機会があれば声をかけてくださいねノシ
posted by みきぱぱ at 21:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

3次元海底資源探査船

 だいぶ間が空いてしまいました。4月は仕事が変わったりと、いろいろなことが重なり久しぶりの投稿です。これからもぼちぼちと投稿していきますので、よろしくお願いします。

 さて先月「3次元海底資源探査船」という変わった船が完成しました。


 こちらは建造中の姉妹船の動画


 ぱっとみると、船首だけみたいな印象を受けますが、これは船尾から多数の超音波の探査装置を繰り出すためにこうなりました。三菱重工業はこの船の完成に引き続き、同型船の建造も受注したそうです。

詳しい解説はこちらにあります。

三菱重工、特異な船型の最新資源探査船ラムフォーム(Ramform)・Wクラスを受注
(Garbagenews.com)

「ノルウェーPGS社から3次元海底資源探査船2隻を追加受注」
三菱重工業

 バイキングの末裔であるノルウェーは、海洋国家らしく漁業や石油掘削などが盛んで、そのため魚群探知機や海底探査に優れたメーカーがあります。
posted by みきぱぱ at 17:29| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

シロナガスクジラの「歌声」

『オーストラリア主導の研究チームがこのほど、南極海(Southern Ocean)に生息するシロナガスクジラの「歌声」を音響技術を使って追跡し、居場所を突き止めることに世界で初めて成功した。』そうです。



↓このプロジェクトのサイトです。
Antarctic blue whale project

動画はこちら、音響ブイの設置、クジラへのタグ取り付けと回収、クジラの移動経路など、調査の内容がよくわかります。


これは第2次大戦以後、対潜水艦作戦(ASW)で急速に進歩した音響技術を利用したものです。水中ロボットもそうですが、海洋調査に必要な技術は軍事目的で開発されたものからの転用が少なくありません。
posted by みきぱぱ at 09:56| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

潜水艇 解体新書

MANTAさんのブログ「海の研究者」で、「しんかいを組み立てる」動画が紹介されていました。
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2013-03-17

じゃあ、他の潜水艇のオーバーホール動画はないかな?と思ったら、ありました。
アメリカの「Alvin」です。



「しんかい6500」と比較すると面白いです。
posted by みきぱぱ at 22:10| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

「しんかい2000」常設展示、新江ノ島水族館で公開/神奈川新聞

 長らく海洋研究開発機構に放置プレイされていた潜水調査艇「しんかい2000」ですが、新江ノ島水族館で常設展示されることになりました。



 しんかい2000は1982年に完成。2002年に活動を休止するまで1,411回の潜航を行っていますが、その活動停止を惜しむ声はかなりあったようです。日本の海洋調査が将来どうなるかはわかりませんが、しばらくは「しんかい6500」に頑張ってもらうことになるでしょう。

【広告】


posted by みきぱぱ at 19:39| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

シンカイジン

 YouTubeのJAMSTEC Channelで「シンカイジン」というシリーズが始まりました。「シンカイジン」とは深海の研究をしている人達のことです。面白い企画だと思いますので、今後も期待しています。



 いまでは海洋研究の分野で活躍する女性研究者が多くなりました。私が学生だった30年前とは比べ物にならないくらいです。昨日、大学の同級生と話をしたのですが、「最近大学行ったら、女子学生がスカート履いていて驚いた。」と言っていました。アメリカ海軍のように原子力潜水艦の全乗組員が女性というのもどうかとは思いますが、海や船に興味を持ってくれる女性が増えてくれれば嬉しいです。

【広告】



posted by みきぱぱ at 19:16| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

中国有人艇、深海6000メートルの潜水に成功

 のんびりうさぎ(日本)と猛烈なスパートをかけてきた亀(中国)という感じでしょうか。



 海洋調査や海洋開発は国を挙げての事業であり、そして終りのない長いレースです、途中で休んだりリタイアできません。昔からわかっていたことですが、資源のない日本はもっと海に目を向けなくてはいけないのにそれを怠り、先細りの状態です。このつけは将来に回されることでしょう。

追記 東京大学浦先生のツイート
「有人潜水艇はホームランバッター。お金に任せて沢山集めても優勝できないのは過去の巨人軍を見れば明らか。確実にヒットを打つイチロー、守備の名手広岡、さらには名監督川上が必要。彼らを産み出す元は裾野の広い少年野球。日本の海中技術に少年野球はなく、名選手達は過去のものになりつつある。」←(ここ重要)
 
 そういえば6月18日(月)のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」は「誇りを胸に、海へ飛び込め 潜水士・渋谷正信」です。作業ダイバーの世界では第一人者なので楽しみです。番組の感想は次回にでも。

【広告】
海上保安庁DVDシリーズ Vol.1 「プレス盤」
「海上保安官が見た巨大津波と東日本大震災復興支援」

東北地方の海上保安部・署6箇所で記録された巨大津波映像と
東日本大震災復興支援のために、海上や破壊された港湾で活動する潜水士の姿を中心とした
記録映像と現地取材映像を118分収録

【収録内容】


○巡視船「まつしま」が見た津波

○「3月11日海上保安官が見た巨大津波」
八戸海上保安部
宮古海上保安署
釜石海上保安部
巡視船「きたかみ」釜石港からの緊急出港
気仙沼海上保安署
仙台航空基地
MH906(仙台航空基地)空撮、名取~仙台塩釜港
福島海上保安部
市原コンビナート火災「ひりゆう」消火活動

○「東日本大震災復興支援」
3月12日石巻港の貨物船「TULIPAN」からの吊り上げ救助ほか
3月14日気仙沼市南中里町の民家からのヘリ吊り上げ救助ほか
3月16日相馬港内の「パインウエーブ」から23名の吊り上げ救助
3月19日南相馬病院からの患者緊急搬送
4月1日気仙沼沖合で特救隊と「つがる」乗組員による犬救助
4月15日「釜石港湾口北防波堤灯台」の仮灯取り付けほか
4月18日女川町塚浜の行方不明者捜索
4月19日石巻市桃浦港の行方不明者捜索【名取市閖上(ゆりあげ)漁港で水中捜索含む】
5月25日福島第一原発10km圏内での行方不明者捜索
6月18日南三陸町荒砥で緊急水中捜索
ラベル:蛟竜(Jiaolong)
posted by みきぱぱ at 09:10| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

NASAの海中訓練

 NASAもこんな訓練をしているんですね。



 「第13回NASA極限環境ミッション運用(NEEMO13)訓練」には、古川宇宙飛行士が参加した時の、海底研究室「アクエリアス(Aquarius)」でのミッションの様子が紹介されています。
 
 海底居住実験の歴史は古く、私が生まれた頃の1960年代前半に、欧米ではフランスのクストーが行っていたプレコンチナン計画、アメリカでは海軍のシーラブ計画、日本でも10年ほど遅れてシートピア実験(1973年)がありました。(地球と海とバリアフリーを考えるウェブサイト)その後水中ロボット技術の進歩に伴い、人間が海中で暮らすような状況はなくなったのでしょう、海中居住実験は行われなくなりました。

シーラブ実験の様子


【広告】




ラベル:NASA Aquarius
posted by みきぱぱ at 15:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

地球深部探査船「ちきゅう」海底掘削の最深記録を達成

 東日本大震災を引き起こした「東北地方太平洋沖地震」の震源域を掘削調査している地球深部探査船「ちきゅう」が、海底から地下856.5メートルまでドリルを掘り進め、海面下7740メートルの世界最深掘削記録を作りました。
 掘削の目的は、巨大地震を引き起こしたプレート境界断層を構成する岩石の種類や物性を明らかにすること、断層がずれて発生した摩擦熱の温度変化を直接計測することです。記録よりも今後明らかにされるであろう成果の方に注目です。

探査船『ちきゅう』が最深掘削世界記録



「ちきゅう」のHP

そして
「ちきゅう」のプラモデルがでるそうですよ。

【広告】
ダンジョン・アーミー〜第一次大戦、第二次大戦、そして現代戦〜
ダンジョン・アーミー〜第一次大戦、第二次大戦、そして現代戦〜
posted by みきぱぱ at 13:13| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

改造後の「しんかい6500」

この度、「しんかい6500」の推進器がリニューアルされました。
改造後の「しんかい6500」の内容について、運航チームの櫻井司令がご紹介しています。


リニューアル後の「しんかい6500」は、2012年5月12日(土)に開催される、JAMSTEC横須賀本部 施設一般公開にて、お披露目されます。

改造後の「しんかい6500」の内容についてのプレスリリース

JAMSTEC横須賀本部 施設一般公開のご案内
もちろんアクアモデラーズもRC潜水艦の体験操縦や、ペットボトル潜水艦工作教室等で参加します。
お楽しみに。

これは面白い。
「ちきゅう」を体験できる!
バーチャルツアーアプリ「CHIKYU360°」


追記
MANTAさんのブログ「海の研究者」にも、改造後の「6500」が紹介されています。

【広告】
額装用
潜水艦(涙滴) 潜水艦(涙滴)

大和型戦艦が用いた副砲の口径に関する一考察
posted by みきぱぱ at 09:58| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

キャメロン監督が見たアビス

 映画監督のジェームズ・キャメロン氏は有人潜水艇「DEEPSEA CHALLENGER(ディープシー・チャレンジャー)号」で8000メートル以上の潜水に成功。現役潜水艇の最深記録で、1人乗りとしては史上初だそうです。
↓詳しい記事はこちら
ナショナルジオグラフィック ニュース





 艇内がものすごく狭い、この中で数時間耐えるというのはやはり好きなのでしょう。でもうらやましいな。他の人がリアルで見たことのない世界を見るわくわく感が伝わってきます。マリアナ海溝で新しい発見があることを期待しています。

【広告】
DUMAS アクラ級原子力潜水艦


posted by みきぱぱ at 15:16| 神奈川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

元寇船見つかった海域、国の史跡に

 このところ休みなしで働いていたので久々の更新です。
 さて、元の軍船が沈んだ海域が国の史跡に指定されるとのこと、海中の遺物が史跡に指定されるのは初めてだそうです。これを機会に日本でも海中考古学が盛り上がるといいですね。



【広告】


posted by みきぱぱ at 23:43| 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

洋の東西で沈没船の話題

先頃、第1次世界大戦中の1917年に、北大西洋で独軍の魚雷攻撃をうけて沈没した英国の貨物船マントラ(Mantola)号の探索に、米海底探査会社オデッセイ・マリン・エクスプロレーション(Odyssey Marine Exploration)が成功したそうです。オデッセイ社はこの前も第2次世界大戦中に撃沈された、ゲアソッパ(Gairsoppa)号も発見しています。別な報道によるとゲアソッパ(Gairsoppa)号引き揚げの取り分は、英国政府とすでに話し合いが付いているそうです。どれだけ回収できるでしょうか。

続きを読む
posted by みきぱぱ at 06:48| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

中国の有人潜水船、水深4027メートル達成

中国も海洋開発に本気モードを出してきました、日本もうかうかしていられません。



蛟竜の写真、潜水船には珍しいX翼です。
蛟竜.jpg

【広告】


ラベル:蛟竜
posted by みきぱぱ at 18:03| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

「しんかい6500」就航20周年

「しんかい6500」就航20周年を記念して、シンポジウムが開催されます。

日時とか、場所はこちら、JAMSTECのサイトをご覧ください。

「1990年から運用を開始した「しんかい6500」は、2010年に就航20周年を迎えました。その間、1240回の潜航を重ね、潜航海域も1998年の世界一周航海を含め、太平洋全域、大西洋、インド洋と世界の海洋の広域におよんでいます。」とのこと。プログラムを見ると「しんかい6500」の他アメリカの「アルビン」や中国の「蛟竜号」についての講演もあるようです。
体調次第なんですが、行ってみようとは思っています。

余談ですが、予告編の動画がかっこいいですね。


【広告】


posted by みきぱぱ at 22:50| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

グレートバリアリーフの深海は別世界

深海にはまだまだ知られていない生物が存在しているようです。ニュース写真の生物たちはとても神秘的っですね。



【広告】

posted by みきぱぱ at 06:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

「SHIP検定」やってみた

世の中いろいろな検定があるそうですが、「海運、造船、クルーズをはじめとする海事産業や海に関する全般的な知識と情報を網羅する試験」(同サイト)という”SHIP検定”(3/31 まで)ができたそうです。

ネットでできるので、早速やってみました。
検定は「客船編」、「戦艦大和編」とあって、30問中、正解数27問以上が1級と認定され、「1級合格者は2010年4月に実施予定の「シップ・マイスター試験」の受験資格が与えられます。(ただし、受験料は有料)」(同サイト)とのこと。

さて、わたしの結果は・・・・

続きを読む
posted by みきぱぱ at 09:59| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

レジェンドへ再挑戦

私の知人の山田海人(PN)さんがブログ「海人の深深たる海底に向いてー深海の不思議ー」を始められました。
山田さんは、日本初の海底居住実験「シートピア計画」の支援ダイバーであり、バブルリングの発明者であり、海岸漂着物研究家であり、元JAMSTEC普及広報課の名物トトロおじさんであります。

他にも山田さんが書いているサイトがあります、こちらもぜひ覗いてみてください。
山田海人さんの鎌倉リポート
海人のビューポート(覗き窓)

さて今日の話題は、こちら。
ディスカバリーチャンネルで放送中の「海底のトレジャーハンター」のなかで、英国戦艦「HMS Victory」を彼らが発見した映像がありましたが、その件についてAFPBBの去年の記事がありましたのでご紹介します。


もうひとつ、リンクを貼っておきます。
250年前の英国の沈没戦艦か、残がいを米海洋探査会社が発見

最初「HMS Victory」と聞いたとき、あのネルソン提督の旗艦?(アレ現存していたよな?)と一瞬思ったのですが、その先代だったのですね。
番組ではコードネーム「レジェンド」とつけられた「HMS Victory」に再挑戦するようです。大砲とか船体の一部でも、引き揚げられるといいなあ。(番組HPでは英国商船となっていましたので、私の記憶違いかも?)

【広告】

posted by みきぱぱ at 23:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

NASAの潜水調査船「ベン・フランクリン」

私の知人である山田海人さんが、日本深海技術協会の会報1月号に潜水調査船「ベン・フランクリン」の記事を寄稿されています。こういう潜水調査船が存在したことを知りませんでしたので、とても面白い記事でした。

潜水船「ベン・フランクリン」漂流記
kai64h5.pdf

私が特に面白いと思ったポイントは、
・NASA とグラマン社が開発に資金提供してプロジェクトが進められた。
・潜航調査のクルーメンバーは、ピカールとNASA のフォン・ブラウンが人選にあたった。(根っからの造船関係者がいないw)
・メカジキ2匹に襲撃された。
・タイタニックを発見したロバート・バラードは潜水調査船のベッドの中ではベン・フランクリンが一番ゆったりとしていて快適な眠りができ、レベルの高い調査ができたと評価している。(食事と睡眠はいかに大事かということ)
・廃船になった後、現在バンクーバー海洋博物館に保存されている。

バンクーバー海洋博物館のサイトでは、「ベン・フランクリン」内部の360°写真を見ることができます。

「ベン・フランクリン」の画像を置いてあるサイト

続きを読む
posted by みきぱぱ at 07:24| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ