2015年03月05日

フッ、随分待たせたようだな……。大和型戦艦二番艦、武蔵。参る!

一部リンクがおかしかった個所があったので修正しました。ごめんなさい。赤太文字をクリックすると参照先のリンクに飛びます。

追記:ナショナルジオグラフィックに今回の発見に関する記事が掲載されていました。
調査内容が詳細に書かれています・
大富豪はどうやって戦艦「武蔵」を発見したか

先日マイクロソフトの共同経営者、P・アレンのチームがフィリピンのシブヤン海に眠る戦艦武蔵を発見したと発表がありました。

ポール G. アレン氏が第二次世界大戦の戦艦「武蔵」を発見

ネット住民の間では、画像や動画からどの場所が撮影されたかとか、アレン氏の豪華ヨット(帆のあるボートとはだいぶイメージが違います)に興味が集中しているようですが、ここではどのようにして発見したかについて書いてみたいと思います。
といってもまだ情報は少ないし、英語の語学力はさっぱりなので、推測混じりであるということをご了承ください。

英文リリースの抄訳版を読むと、まず文献調査から始まり、武蔵の沈没地点と思われる海域の海底マップを作成したようです。探査する海域は広大なので、まず海底を調べ、沈没船らしき凹凸が存在すると思われる海域を絞り込みます。チームが調査を開始してから武蔵を発見するまでに8年かかったそうですから、7年位は海域を絞り込む作業をしていたのでしょう。

海域を絞り込んだあと、その起伏が本当に沈没船なのか確認するために、AUVと呼ばれる自立型水中ロボットで海底上を探査します。調査に使われたのは「BlueFin-12」とのこと。

「BlueFin-12」による海底探査


AUVはいったん母船を離れると探査終了して戻るまで、全部自動で航行し記録を取ります。もちろん自分の位置もしっかり記録していますので、どこに何があったかはオペレーターがあとで解析すればわかります。
「BlueFin-12」もスチルカメラを搭載できるのですが、AUVに武蔵と岩の区別はできません。AUVが持ち帰った超音波による反応が武蔵であることを確認するために、目視による画像撮影ができる遠隔操縦式の水中ロボット(ROV)の出番になります。

チームが使ったROV(多分これ^^;)
このROVはチームが英戦艦フッドを発見した時のものだそうで、武蔵の時にも使っていたかどうかはわかりません。でも構造やシステムは同じでしょう。

彼らには武蔵の沈没状況がわかるようなマップを作って欲しいと思いますし、おそらく今はその作業をしているのではないでしょうか。

ナショナルジオグラフィックとバラードのチームが調査した映像を元に作成した「ヨークタウン」の全体図

深海はとても暗いので、巨艦だとその一部しかカメラに収めることができません、したがってたくさんの画像を撮影し、あとでモザイクのように貼りあわせて全体像を作るという、気の遠くなるような作業が待ってます。といっても最近は優れた画像ソフトがあるようなので、だいぶ楽になってるかもしれません。

今後新しい情報がリリースされたらまた記事にしたいと思います。

おまけ
某ソシャゲの住民たちがこのニュースで武蔵建造祭りをしていると聞き、私もこの波にのるべく挑戦してみましたよ。(でも結果はお察しください orz)



posted by みきぱぱ at 18:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

天国にいちばん近い島いってきた(仕事で ^^;)

今年も残すところ、あと今日1日となりました。
手首骨折したり、長期乗船もあってブログをあまり更新できませんでした。
来年はもう少しまじめに書こうと思います。(年初もそんなこといってなかったか?w)

さて、数日前2ヶ月に及ぶ乗船調査を終え、ニューカレドニア島のヌメアから帰ってきました。森村桂著「天国にいちばん近い島」の舞台となった島です、原田知世主演で映画化もされましたよね。本が書かれたのは1966年だそうですから、当時とはかなり様子が違います。クリスマス後で年末年始の休暇まで少し間のある日なのに観光客が多いのにびっくり、日本人スタッフが居るホテルもあり、観光案内も日本語併記でした。

写真はヌメア港、街はフランス領のためか小さいながらも綺麗で、日本のけばけばしい看板など見当たりませんでした、こういう点は日本も見習って欲しいですね。
s-20141227_093117.jpg

街から離れたところにあるビーチ、写真ではわかりにくいですがウィンドサーフィンやカイトサーフィンを楽しむ人が多かったです。カイトサーフィンは国際大会もあるそうです。
s-20141227_164100.jpg s-20141227_165410.jpg

街を走っていたトラム?
s-20141227_173053.jpg

雀に似た鳥
s-20141227_170404.jpg

それでは皆様、良いお年を!
posted by みきぱぱ at 04:29| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク(雑談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

'14水中ロボットコンベンションin JAMSTEC

今年の夏は遠洋カツオ釣り漁船に乗ってましたので、ブログの更新ができませんでした。
下船したらあたりはすっかり秋の気配・・・

 さて、今年も8月の終わりに横須賀市の海洋研究開発機構において、水中ロボコンが開催されました。
かっこいいPVはこちら↓


 大会の目玉である自律型水中ロボット(AUV)の競技では、台湾の大学が完璧な動きを見せ優勝しました。日本のチームは完璧に動いた水中ロボットが皆無という状態で、完敗といってもいいでしょう。今年初参加のチームは別としても、常連さんにはそろそろ結果を出してもらいたいと思います。敗因はいろいろあると思いますが、きちんと反省し来年に活かしてほしいものです。
 フリー部門では東工大付属科学技術高校が頑張ってくれました、毎年レベルが上がってきていると感じられます。指導の先生は来年はAUVに挑戦してみたいとのこと、大学生に負けないようなAUVを期待しています。
 中高校生向けROV部門ではいろいろとトラブルがあったようで、ボランティアの方たちが懸命に対応してくれました。ほんとにお疲れ様でした。神奈川県立海洋科学高等学校のチームは、昨年貸与したROVを独自に改造し参加してくれました。こういうチームがもっと増えてくれると、裏方の私達ももっと頑張ろうという気になります。

 日本政府は水中ロボット技術の開発にもようやく目を向けるようになったようですが、相変わらずものを作ることだけしか見ていないようです。日本の技術を維持向上させるためには若手の育成が必須ですが、そのへんの対応はアメリカに大きく後れを取っていて、それは昔から変わりません。
 来月シンガポールでは「Maritime RobotX Challenge」という自律制御ロボットボートの競技が開催されます。日本からは3大学のチームがエントリーするようですが、健闘して欲しいと思います。
posted by みきぱぱ at 16:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中ロボット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

「鳥羽山鯨類コレクションの世界」

先日仕事で母校東京海洋大に行く用事があり、少し時間があったので展示中の、「鳥羽山鯨類コレクション」を見てきました。

鳥羽山鯨類コレクションとは、「鴨川シーワールドの元館長で、本学OBでもある故鳥羽山照夫博士が本学に寄贈された貴重な鯨類骨格標本」だそうです。

というわけで、小型鯨類のイルカの骨格標本が展示されていました。
s-CAM00049.jpg

この展示では骨格標本の他に 大学図書館所蔵の文献も展示されていました。
勇魚取絵詞は江戸時代の捕鯨の様子が詳細に書かれたものです。(写真がきれいにとれていなかった><)
この文献は電子化されて図書館のホームページから見ることができます。こちら

他にも明治時代の千葉県富津村における漁業調査の報告書なんてのもありました。
日本はこんな昔から水産業を大事にしていたんですね。(税務調査だったのかなあ)
s-CAM00046.jpg

平日品川の近所に来る機会があったら、海洋大まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか。
【期  間】平成26年(2014)年5月29日(木)〜9月29日(月) 10:00〜16:00
【休館日】土日祝日第2・第4木曜及び7/31(木)・8/14(木)−8/15(金) ただし、7/21(月祝)は開館
      また、5/30(金)・6/30(月)・8/29(金)は13:00より開館
7/21(月・海の日)13:00〜16:00は鳥羽山鯨類コレクションについて語り合うサイエンスカフェがあるそうですよ。


posted by みきぱぱ at 20:45| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

陸奥の主砲

左手首骨折をしていてしばらくぶりのブログ更新です。

船の科学館にある「陸奥の主砲身」を横須賀へ移設しようという運動がちょっと前から始まっています

横須賀の有志が保存運動を行うようです。
陸奥の里帰りを支援する会
陸奥の砲身はいくつか現存していますが首都圏にはありませんし、横須賀は陸奥の故郷でもあります。

お台場の船の科学館が閉鎖されてからずいぶんたちました。最初は建て替えと聞いていたのですが、どうも進展していないようですね。日本最初の海事博物館(多分)であり、貴重な展示品も多数あったので、それがなくなってしまうのは一艦船ファンとしてすごく残念に思います。前にも書きましたが、日本はこういう産業遺産にホント理解ないですよね。富岡製糸場が産業遺産として認定されましたが、観光の目玉になるかならないかで考えてほしくないです。

それともうひとつ気がかりなのは、砕氷船「宗谷」です。こちらも南極観測の歴史を知る上で貴重な遺産です。彼女の隣で保存されていた青函連絡船「羊蹄丸」は資源リサイクルの研究という名目で解体されました。
同じ運命を辿らないように・・・
posted by みきぱぱ at 22:14| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 艦船よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

フィッシングフェスティバル2014行ってきました

パシフィコ横浜で開催された、フィッシングフェスティバル2014に行ってきました。このイベントに行くのはずいぶん久しぶりになります。結構混んでいて盛況のようでした、主催者発表によると、3日間で36,470人だったそうです。今では若い女性で釣りを楽しむ人も増えたようで、アングラーズアイドルの投票も行われているのに軽い世代格差を感じたオヤジですw。

当然といえば当然なんでしょうが、釣り具もかなり進歩していることにも驚きました。なかでも電動リールの種類の多さにはびっくりで、ワカサギ釣り用の小さい電動リールなんてのもあるんですね。私は父から釣りを教わったのですが、父は釣りは掛かった時の引きを楽しむもので、アタリをとるのには指先(の感覚)が一番だとよく言ってました。
技術の進歩で多くの人が気軽に釣りを楽しめるようになったことはいいと思いますが、釣り本来の楽しみというのもあるのではないでしょうか。大物仕掛けでファイトを楽しむというのももちろんありですが、シロギスのような小さい魚でも竿と仕掛け次第で楽しめるものです。日本人は釣りを楽しむことにかけて、昔からいろいろな工夫をしてきました。そういう伝統はこれからも残っていってほしいと思います。

CAM00013.jpg CAM00016.jpg
CAM00012.jpg CAM00011.jpg
写真は江戸の和竿職人さんと播州の毛針職人さん
日本の昔の釣り具は美術工芸品といってもいいですね。

さて今回個人的に一番興味を持ったのがこれ。
「ソナーボール」
小型の魚群探知機は昔からありましたが、これは専用モニターではなくスマートフォンに
つなげて画像を見るというもの。
開発した会社は「WEB 及び通信機器、主にAndroid端末とアプリソリューションの開発・販売」が専門だとか。
釣りにもITの時代が来たようですw。

おまけ
このイベントに行く前に石川町の食堂で昼食をとったのですが、お店にはこんなものが飾られていました。
マッコウクジラの歯を削って作ったイルカの彫刻(左)と、捕鯨船(キャッチャーボート)の写真(右)
このお店の親父さんが昔大洋漁業(現マルハニチロ)の捕鯨船に乗り組んでいたとのこと。店も昔ながらの食堂といった感じで、また行ってみたいですね。
CAM00002.jpg CAM00003.jpg
posted by みきぱぱ at 22:14| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | さかなの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

ボート免許の更新

1ヶ月半ほどの乗船調査から戻ってきました、このブログも久々に更新です。
インド洋は真夏の陽気で、寒かった時期に日本にいなかったのは初めてです、外で仕事をしていて、油断していたらすっかり小麦色に焼けてしまいました。

さて昨日はボート免許の更新講習を受けてきました、免許取得してから20年以上たちますが、1回も操縦したことのないペーパー船長です(笑)。
DSC_0183.JPG

私が受講した頃はGPSなんてものはないので、船の位置を知る方法として、六分儀による天測、方位探知機やロラン”A”(当時はすでにお蔵入りに近かった)でおおよその位置を見当つけるしかありませんでした。今は何を教えているんでしょうか。
ロランはすでに運用を停止していると思いましたが、GPSが故障した際のバックアップとして、六分儀や方位探知機はずっと残していってもらいたいと思います。船でGPSが故障したりバッテリーが無くなったらもうダメでは困りますよね。

自動車の講習もそうなんですが、講習自体もっと身につくようなことをしてもらえないもんですかね。こちらもお金と時間をやりくりして行くのですから、人が多いとか予算がないとかで中途半端なことはして欲しくないです。AEDとか人工呼吸の実地のほうがためになるように思います。
とはいっても私自身はあと2回くらいしか講習を受けるチャンスはないでしょうけど。
posted by みきぱぱ at 07:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク(雑談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

みなとみらいにある船に関係した記念物

1週間ほど前にインド洋の調査から帰国しました。初めてのインド洋で色々貴重な体験をすることが出来ました、仕事の内容は書けませんがインド洋上のことや拠点となったプーケットのことは後日書いてみたいと思います。
早いもので今年も1日を切りました、本ブログにお越しいただきありがとうございました。来年からはあまり更新できなくなりますが、面白い話題をこれからも書いていくよう頑張りますので、たまには覗きに来てください。

さて本題に入りましょう、私の勤務先は横浜みなとみらい地区にあるのですが、ここは元々三菱重工の造船所でした。出勤の途中でちょっと寄り道してみたらこんな錨が置いてありました。

sDSC_0145.jpg sDSC_0146.jpg

この錨は陸軍」の航空母艦山汐丸のものだそうです。海軍制式の錨ということで貴重な産業遺産だと思うのですが、なぜかビルの敷地の片隅にひっそりと置かれていました。しかも案内板にはなぜ陸軍が航空母艦を建造したのかとか、山汐丸そのものについての記述も写真もなく、ただ置いただけ感があるように思えます。

もう一つこちらはスチームコンプレッサーという、ここにあった造船所で使われていた機械です。
1384234_528477200565116_61982940_n.jpg 1385179_528477330565103_1284174775_n.jpg

これは帆船日本丸の近所に置いてあるのですが、高架の下とはいえ野ざらし、しかも公衆トイレの前!いくら人が多く来るところだってそこはないだろうと思いましたよ。これも数少ない産業遺産です、ここに置こうと考えた人間は、どういう気持で置いたのかなあ。
両方共せめて日本丸のそばにでも移設したほうが良かったと思います。山汐丸の錨が製造された時期もスチームコンプレッサーが稼働していたことでしょう。港ヨコハマという割にはこういうものの価値がわからない人が多いのかと思うと、とっても残念な気持ちになりました。横須賀のヴェルニー公園くらいの整備をしてもいいくらいだよね。

posted by みきぱぱ at 08:31| 神奈川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 艦船よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

深海からやって来たマグロの祖先

 以前科学ジャーナリスト塾という講座に1年通い、文章の手ほどきを受けたことがあります。研究所などのプレスリリースを元に、新聞記事のリード文を書くというものですが、600字以内で簡潔しかもだれにでもわかるように書くという作業は、想像していた以上に難しいものでした。その時の講義の内容を忘れないように、練習課題として魚に関する話題を600字にまとめてみました。やってみましたが、時間かかってしまいました、いやあいつも書く練習をしていないとダメですね。
なおお断りですが、この文章は内容を保証するものではありません。詳しいことを知りたい方は下記のプレスリリースをご覧ください。

東京大学大気海洋研究所 プレスリリース

深海からやって来たマグロの祖先
―遺伝子解析で分かった魚類の爆発的進化―

 今は海の主役マグロでも、その祖先は脇役扱い。今までマグロが属するサバ科57種の魚類は、どのような進化をしてきたのか大きな謎だった。千葉県立中央博物館と東京大学大気海洋研究所のグループは、サバ科の多くが、これまで別の仲間とされてきた魚類と共通の祖先をもち、今よりも深い場所に生息していた可能性が高いことをつきとめた。この成果は2013年9月「PLoS ONE」に掲載された。

研究グループは分類上サバ科が含まれる、スズキの仲間17,000種の遺伝子配列10,733件をデータベースからダウンロードし、そのうち100種以上の共通遺伝子9個の系統解析を行ったところ、サバ科とは遠縁と考えられていた14科の魚類が実は近縁であるとわかった。この新たなグループは、ギリシャ語で「外洋に住むもの」を意味する「ペラジア (Pelagia)」と名付けられた。

魚類の王者マグロ類も、元は白亜紀末に浅い海に住んでいた肉食型の大型魚類だけが絶滅した後、その空白を埋めるかたちで水深400mより深い所から浮上した、ペラジアの単一祖先が急速に種の分化をした結果であるという。

遺伝子解析技術の進歩は、従来からの外見的特徴に基づく分類手法に一石を投じることになりそうだ。

research_0904_fig_2.jpg
新分類群「ペラジア」の分岐年代入り系統樹、左端のイラストは白亜紀末に絶滅した肉食性の大型魚類。
(東京大学大気海洋研究所 プレスリリースより引用)

余談ですが、この話に関連して、中国からこんな発見があったそうです。
タグ:ペラジア
posted by みきぱぱ at 20:41| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | さかなの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

秋のイベント情報

これから行われる海に関するイベントや講座のご案内です。

(独)水産総合研究センター 中央水産研究所一般公開
赤字をクリックすると公式サイトに飛びます。
作りたてのちくわは美味しいですよ。

独立行政法人海洋研究開発機構 横浜研究所一般公開

平成25年度 東京海洋大学 公開講座 「鯨類学入門」

東京海洋大学 海鷹祭
ここの名物はなんといってもマグロの解体ショーですね。





posted by みきぱぱ at 21:52| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ