2013年07月15日

今井科学の707ジュニア C級 プラモ

昨日は水中ビークルフリーミーティングに参加して来ました。今回はその時のお話をと思ったのですが、参加メンバーのYDDさんから、昔今井科学から販売されていたサブマリン707の小型潜水艇707ジュニアC級について、面白い話をメールでいただきました。転載の許可をいただきましたので、少し長いですがこちらに掲載します。

その前に707ジュニアって何?という方は、ノボさんの「空想科学潜水艦博物館」の解説記事を御覧ください。

ちなみにRC化した707ジュニアはこんな感じ。これは今回話題となる今井科学製ではありません。


またYDDさんはご自分のサイト「STARFLEET YDD」で、「サブマリン707自動浮沈の考察」という記事を書かれています。こちらも面白いのでぜひご一読ください。

このお話は、昔ラポートから出版されていたサブマリン707の復刻版にある、707ジュニアC級プラモの記事↓がきっかけでした。
junior707 class C_2.pdf

それでは、YDDさんのお話です。

情報ありがとうございます、707シリーズは小学生の時に相当作ったのですが、このジュニアCは実物を見たことが無いので気になっていました。やはり本物はすでに存在しないんでしょうね。

行きつけのプラモ屋のオヤジが子供の頃ジュニアCを池で走らせたら、そのまま沈んでいって戻ってこなかったと言う話をしていたので気になっていました。ジュニアC自体を私は知らなかったんですよ。

説明書を見ていて思いましたが、このサイズのジュニアなら浮力バランス調整もかなりシビアに必要になるはずです。全体浮力とさらには前後のバランスも重要な要素です。当時の電池も何を使うかによってだいぶ変わると思います。
前期型の説明で紙巻き電池の時には重りを追加・・・は私も紙巻き電池は記憶にはなく、当時使っていたのはナショナルの赤か黒でしたので、もしかしたら私の小学生の頃はジュニアCはもう売っていなかったのかなとも思った次第です。
マブチ35モーターというのも記憶にないですし。本当に貴重な情報をいただきありがとうございました。

この組み立て説明図を見ていると、江戸時代のからくり人形を連想させるメカニカルギミックと言う印象ですね、しかも司令塔にライトまで仕込むとは・・・、これは凄いですよ。ここまでこだわるかと。
そう言えばライトが点くの話は模型屋のオヤジも言ってましたね。

ジュニアCの現存品はなくても、それでも設計図を見れたことはとても参考になりました。設計図は後期のものですね。なかなか超絶な設計だったと言うことも理解できましたし、もし今あったらアクアモデラーズのメンバーが競って製作するようなおもしろメカです。そして、この組み立て説明書を見て、なぜ水没して戻らないかという理由もよくわかりました。

私が思うに、多分99%以上のジュニアCが池の餌食になってますね。当時の大人が真剣に作ったとしても、長く遊べるモデルに出来たかは疑問です。このモデルの設計製作段階でどういう実験をやったかも興味があるところです。

当時の整形技術と接着剤、そしてグリスだけではこのドライハルの船体の防水はほぼ不可能であったでしょう。特にキャノピー回りはきれいに作ろうと接着剤の付け方も甘かったはずです。多分ここが最大のポイントになっていたと思います。

潜舵のあたりと、プロペラ回りからの浸水は必須でしょう。元々ここはパッキンがあるので水を出す前提だったのは間違いないでしょう。ネジ止めというのがそれを物語ります。けれども、司令塔回りの防水が完璧で
なければその前提も崩れます。司令塔回りからの浸水は相当短時間で浮力を奪う事になるでしょう。
スイッチ回りは言うに及ばず、電池キャップのパッキンも果たして役に立ったかどうか・・・。

しかもこの設計では上下の重心配分が甘く、下に重さが集中していないのでペラの反力に耐えられそうもないので、ペラ自体の幅が細く反トルクが少なくなるように作られているんだと思います。ですからなおのことキャノピー部分の浮力が反トルクに対して重要になるはずです。

司令塔回りから浸水が始まったときに水が船底まで落ちればいいのですが、(といっても漏水がいいわけないのですが)潜舵調整用のネジが通っているせいで中途半端な浮力タンクになっており、司令塔内に水が残る可能性もあります。

司令塔内に水が残ってこの部分の浮力が減ると反トルクに勝てなくなり傾きだしてしまうと思われます。
そうすると潜舵の効果は斜めになるのでなおさら浮沈せずに潜ったままになり緩やかに曲がりながらすすみ、その最中にさらに浸水が進んで浮力を奪われ確実に沈んでいきます。いわば負の相乗効果です。

さらに言えば、この大きな回転ペラで推力を出しつつ、反トルクを強くしないというのはあまり高回転では無かったのではないかと推測できます。

そうなると速度はそれほど速くないでしょうし、その状態で浮力が強すぎるとダイナミカルダイブとして潜らないので自動浮沈はしなくなります。
となると、適度な浮力という設定が必要になるのですが、このジュニアの場合水に入れたときにキャノピーのガラスの上位置が水面ぎりぎりというのが精一杯ではないかと思います。

さらにペラの径が大きいので、ペラが完全に水没している状態ならそのあたりが合理的です。もしそうだとするならば、あまり全体浮力が大きい状態ではありませんので、少しの浸水ですぐ沈むのもうなずけます。
船体形状や推進方法を考えると、もともとがあまり浮力を強くする設計は出来ないはずです。

水は容赦なくごく僅かな隙間から入り込みます。相当気をつけて組み立てても司令塔のキャノピー回りはかなり難しそうだというのが私が思った印象です。
続きを読む
posted by みきぱぱ at 17:26| 神奈川 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ラジコン潜水艦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

2013夏のイベント情報

乗船出張から戻ってきました。
船に長期乗るのは久しぶりだったので、船酔いとか仕事をこなせるか最初は不安でしたが、なんとかこなしてきました。今度の乗船予定は年末です。(しかも海外!)

さて、夏は海関係のイベントが盛り沢山、そのなかでいくつかご紹介。
いよいよ今日から国立科学博物館で『特別展「深海」 挑戦の歩みと驚異の生きものたち』が開催されます。
またそれと連動してNHKで「NHKスペシャル 深海の巨大生物」、ラジオドラマなどが放送されるそうです。

次はマイナビニュースから


(MANTAさん情報ありがとうございます)
『中川翔子さん×初代「しんかい6500」潜航長 田代省三氏 超・深海の魅力を語る』
『JAMSTEC 藤原義弘氏が語る「深海生物教室」』
『JAMSTEC 三輪哲也氏が語る「深海教室」』
はUストリーム中継されるそうなので、要チェック!楽しみですね。

港湾空港技術研究所 夏の一般公開
港湾空港技術研究所の世界最大級の津波実験施設


ロボコンマガジン7月号は水中ロボットの特集です。




posted by みきぱぱ at 08:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

米無人攻撃機「X-47B」、洋上で初のタッチアンドゴー

無人機が航空母艦上でタッチアンドゴーに成功しました。とうとうここまできましたかという感じがします。カタパルトからの発進も成功していますので、実戦への配備も着々と進んでいるように思えますが、フックを使った着艦とか空中給油はむずかしそうですね。


こちらはカタパルトからの発進風景


X-47Bはこんな飛行機、ネックはコストみたいですが、いずれ量産化できれば、有人機とそのパイロットにかけるコストより安くなることでしょう。


さて私は来週から1ヶ月ほど仕事で乗船することになりましたので、しばらくこのブログはお休みです。
帰ってきたら、またぼちぼちと更新します。ノシ


posted by みきぱぱ at 07:16| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 艦船よもやま話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

イベント告知

夏も近づく・・・ ということで、これから開催予定のイベントを幾つかご紹介します。
興味のある方はリンク先の案内をご確認の上お出かけください。

最初は、もうこのブログでは恒例となりました、海洋研究開発機構の一般公開が5月18日に開催されます。
JAMSTEC横須賀本部の施設一般公開
今年は「しんかい6500」は出張中なので会えませんが、体験航海とかはやるみたいですね。
アクアモデラーズも潜水訓練プールで、ペットボトル潜水艇工作教室やりますよ。
(工作教室は毎回多数の応募がありますが、人数に限りがあるので全員というわけにはいきません、ご了承ください)

昨年の様子です。


次は東京海洋大学 海洋工学部(越中島キャンパス)の海王祭です。6月1日(土)〜2日(日)
第53回海王祭のホームページ
さかなクントークショーは以前聞いたことがありますが、とても面白かったです。調査船「やよい」の東京湾クルージングはかなりの倍率だとか、一回乗ってみたいのですね。

私が大好きなマンガ「サブマリン707」の復刻版がでるそうです。今年は707が作品発表50周年なんだそうです。(ほぼ私と同じ年)
 復刻版?昔ラポートコミックスで出たじゃないかと思いましたが、少年サンデー連載時を再現、4色カラーページ、2色も再現。さらにサブマリン教室も再現!描きおろし新作1本が追加されると聞いて、即予約してしまいました。(^^)
サブマリン707 レジェンドBOX潜航編

707.jpg
書店予約用のチラシ、書店予約だと高荷義之氏の複製原画もついてくるそうです。

これと連動して、海洋堂ではワンダーフェスティバル2013夏で特別イベント「オペレーション707」との情報が、夏が待ち遠しい。
ツイッターでは「#オペレーション707」のハッシュタグがつけられています。

posted by みきぱぱ at 07:14| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

3次元海底資源探査船

 だいぶ間が空いてしまいました。4月は仕事が変わったりと、いろいろなことが重なり久しぶりの投稿です。これからもぼちぼちと投稿していきますので、よろしくお願いします。

 さて先月「3次元海底資源探査船」という変わった船が完成しました。


 こちらは建造中の姉妹船の動画


 ぱっとみると、船首だけみたいな印象を受けますが、これは船尾から多数の超音波の探査装置を繰り出すためにこうなりました。三菱重工業はこの船の完成に引き続き、同型船の建造も受注したそうです。

詳しい解説はこちらにあります。

三菱重工、特異な船型の最新資源探査船ラムフォーム(Ramform)・Wクラスを受注
(Garbagenews.com)

「ノルウェーPGS社から3次元海底資源探査船2隻を追加受注」
三菱重工業

 バイキングの末裔であるノルウェーは、海洋国家らしく漁業や石油掘削などが盛んで、そのため魚群探知機や海底探査に優れたメーカーがあります。
posted by みきぱぱ at 17:29| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

シロナガスクジラの「歌声」

『オーストラリア主導の研究チームがこのほど、南極海(Southern Ocean)に生息するシロナガスクジラの「歌声」を音響技術を使って追跡し、居場所を突き止めることに世界で初めて成功した。』そうです。



↓このプロジェクトのサイトです。
Antarctic blue whale project

動画はこちら、音響ブイの設置、クジラへのタグ取り付けと回収、クジラの移動経路など、調査の内容がよくわかります。


これは第2次大戦以後、対潜水艦作戦(ASW)で急速に進歩した音響技術を利用したものです。水中ロボットもそうですが、海洋調査に必要な技術は軍事目的で開発されたものからの転用が少なくありません。
posted by みきぱぱ at 09:56| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

潜水艇 解体新書

MANTAさんのブログ「海の研究者」で、「しんかいを組み立てる」動画が紹介されていました。
http://goto33.blog.so-net.ne.jp/2013-03-17

じゃあ、他の潜水艇のオーバーホール動画はないかな?と思ったら、ありました。
アメリカの「Alvin」です。



「しんかい6500」と比較すると面白いです。
posted by みきぱぱ at 22:10| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海洋調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月11日

ひろがるか洋上風力発電?

マイナビニュースから



 発電効率、コスト(直接費のみ)、電力の安定供給を考えると現時点では原子力発電がベターな選択ではないかと思いますが、その他発電システムもリスクの分散化という面で考えれば、研究開発していく必要があります。日本の場合、問題点は間接費の占める割合が大きいのではないかと思うのですが、どうでしょうか?

 これに関連して、こちらの記事も面白かったので、興味があればぜひご一読を。
「地熱・風力」発電は脱原発の切り札か

【広告】





posted by みきぱぱ at 08:42| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク(雑談) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

夢のSFメカが水中を舞う

マイナビニュースのかなり昔の記事ですが、アクアモデラーズ・ミーティングのメンバーの方の制作事例が紹介されています。この記事を読むと、60〜70年代のメカが目につきます。今の若い人たちがインスパイヤされるようなメカニックって2足歩行ロボットばっかりになってしまうのかなあ。




RC潜水艦の構造についてもっと詳しく知りたい方は、「Blue World」を覗いてみてください。
そして、現物をご覧になりたい方は、5月18日開催予定の海洋研究開発機構の一般公開にぜひお越しください。今年も潜水訓練プールで展示等を行う予定です。

私も作りたいものがあるのですが、お金がないのでCG作ってます。いずれ5分程度の嘘予告動画を作る予定なんですが。
こんなの

【広告】
RCの楽しさを広げる画期的アイテム!スピードメーター
RCカーやRCプレーンなどにこのスピードメーターを搭載して速度や高度を計測しよう!

RCカーやRCプレーンなどにこのスピードメーターを搭載して速度や高度を計測しよう!

posted by みきぱぱ at 08:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジコン潜水艦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

水族館の“マスカルチャー化”時代における集客

もうかなり前からですが水族館が人気です、バブル以降大型水槽を持つ水族館が続々と誕生しました。
でもバブル崩壊後の不況で閉館した水族館も少なくありません、水族館は作れば人が来るという箱モノ発想の時代ではないということだと思います。

今の水族館に求められるものは何かということについて、水族館プロデューサーとして有名な中村元氏の論文「水族館事業の展望〜水族館の“マスカルチャー化”時代における集客〜」はたいへんおもしろい内容でした。この考え方はすべての学芸施設に共通するものではないかと思います。

以下はまったくの私見とお断りして、この記事を読んで私が感じたことを書こうと思います
私も都合がつけば各地の水族館を覗いてみるのですが、最近はあまり行ってみたいと思うような水族館がなくなりました。特に都会の街なかにある水族館には???というのが多く、リピートしてみようという気にはなれません。
エプソン品川アクアスタジアム、池袋サンシャイン水族館、八景島シーパラダイスは入場料の割りには内容が平凡すぎる気がします。池袋サンシャイン水族館、八景島シーパラダイスはかなり前に行ったので、リニューアル後はどうなっているかわかりませんが、品川アクアスタジアムや八景島シーパラダイスは海獣を芸人と勘違いしているような演出でげんなりしました。池袋サンシャイン水族館はなんでこんな所に作ったんだろうという違和感が強かったのを覚えています。同様に横浜中華街の「よしもと水族館」もそうですね。

水族館に「癒し」を求めるのなら、どこに作ってもいいのかもしれませんが、それ以上に私は水族館は知的欲求を満たす場であって欲しいと考えています。イルカショーは単なるエンタメではなく、同時にイルカの特徴や生態を紹介する場であって欲しいと思います。
理想はカリフォルニアのモントレー水族館ですね。ここでは自前の海洋調査船と水中ロボットを有し、学術研究にも力を入れています。



民間の水族館が利益優先になるのは仕方ないことかもしれませんが、水中の世界はこんなに面白いんだというメッセージを出し続けていってもらいたいと思います。

【広告】



posted by みきぱぱ at 18:45| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | さかなの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事を気に入っていただけたなら、下のバナー↓をクリックしてください。m○m にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型・ラジコンへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ